むむむ?

たまに絵を描くオタクが日常と趣味についてなんか言うところ

『オーヴァーロード』観てきました

王様のブラ◯チで紹介されていたのを見て気になったので、丁度良いお出かけネタだしサクッと行ってきました。・*・:≡( ε:)

 

f:id:log610mmm:20190512222842j:image

なんとこの「オーヴァーロード」、R-15でございます。そんなんを観に行こうだなんてひと昔前の自分では考えられんな… そんな映画のどこに惹かれたかというと、一見戦争映画なんだけどクリーチャーが出てくる、自分でプレイ出来ないゲームのよう、という所。伊達にホラゲ実況を観ていないのでワクワクしてしまったのでありました。

バイオ7とか何気にアウトラストとかも拝見しているので(ただし小さい画面で笑)、R-15くらいはイケるだろー!クリーチャーのビジュアルには拘っているそうなので期待しちゃう!

 

 

・なるほど戦争映画

・なるほどR-15

・お約束の気になる死骸

・村、教会、電波塔、研究

バイオハザード

・デスクの資料を調べたい

・弟くんかわいい

・脊椎女はグロくていいね

・スニーキングはドキドキする

・その女、駿足

火炎放射器はいつだって強い

・ラスボスに耐性はつきもの

いけ好かない奴はいい奴である法則

 

・ていうかバイオハザード

 

 

うううう〜〜〜〜んんん、個人的にはちょっと物足りなかったかなぁ…自分はがっつりクリーチャー目的で行ったのですが、そのクリーチャーの出番が思いのほか少なかったし、それこそゲームキャラのインパクトには敵わんか〜という印象。途中に出てくる奴らはなかなかエグくて良かったのだけど。

 

あ、ただ導入が戦争ものなだけあって(?)その辺りの緊張感や迫力はありました!低音がまぁ腹に響いてくるのだ…普段そういう系統のものは観ないので、余計にそのシリアスさにこっちも緊迫してしまいました。

 

ていうかプログラムに当のクリーチャーが一切載ってなくてだいぶションボリ。ネタバレ回避なんだろうか…袋とじで挟み込んでくれ〜質感とか造形とかまじまじと見たいよ〜〜

「ミニチュア写真の世界展2019」へ

行ってきました(੭ ᐕ)੭

f:id:log610mmm:20190511192902j:image

浅草橋にある TODAYS GALLERY STUDIO というギャラリーで開催中!明日まで!

狭いながらもミニチュア作品のお写真や実物がわらわら展示されていて、なんと写真撮り放題(笑)室内にシャッター音が鳴り響く…

という事でバシバシ撮った中のいくつかをピックアップです(σ'∀')σ*。・゜+.*

 

f:id:log610mmm:20190511192752j:image

ハイかわいい。

f:id:log610mmm:20190511192744j:image

こんな粒サイズだとご自由にさわって良いと言われてもおそろしくて触れませんw

f:id:log610mmm:20190511192741j:image

↑展示されている写真がまた良い雰囲気でかわいい。ちょっと盛ってるだけある()ちなみに「ご自由にさわって良いハサミ」もこのサイズ感です。

f:id:log610mmm:20190511192747j:image

爪サイズのガラス細工。実物もありましたが爪サイズとは思えないくらいの精巧さでした。どうなってんの?

f:id:log610mmm:20190511192734j:image

(わたしの)指先サイズの陶器。ちゃんとロクロで回しながら作られている動画が流れていました。

f:id:log610mmm:20190511192724j:image

はいカワイイ〜〜1つ1つがホントに美味しそうで、見てるだけでしあわせになる…

f:id:log610mmm:20190511192738j:image

旅館の一室。

f:id:log610mmm:20190511192728j:image

の、お料理アップ。豪華。

f:id:log610mmm:20190511192755j:image

(わたしの)指先サイズのご飯たち。この右上のお団子・・

f:id:log610mmm:20190511192809j:image

なんとクマチャンになってるんですよ…芸コマかよ…

f:id:log610mmm:20190511192717j:image

写真をアップで撮った写真、なのですが、見てこのクオリティ。おかずのテリ感、汁物のツヤ感、本物と見まごう。

f:id:log610mmm:20190511192713j:image

この透明感 好きである。

f:id:log610mmm:20190511192749j:image

金魚入りのビニールの質感たまらん…

f:id:log610mmm:20190511192722j:image

f:id:log610mmm:20190511192731j:image

f:id:log610mmm:20190511192803j:image

まとめて可愛い!おにぎりが1個ずつラッピングされてるのが良い…

f:id:log610mmm:20190511193024j:image

所々にアクセサリーなどの販売もありました。

 

どれもこれも細かいところまで作り込まれているので、時間を忘れてずーーっと見ていられました。やっぱり食べ物系に心奪われます(笑)こういうの見ると自分でも作ってみたくなりますな…

 

 

なお昼ごはん。

f:id:log610mmm:20190511192807j:image

最近この手のプレートランチが多い気がしますが、これまた野菜がてんこもり。ミニキッシュやソーセージもあってボリュームもなかなか。アーンド店員にセットのパンを配膳し忘れられるサービス付き!

なんでや!!

卒業しました

我が人生初の本格的ダイエット、ジム通いが、先日終了いたしました。

 

ぴったり3ヶ月間お世話になった訳ですが、ホントにあっという間ですね3ヶ月。終わってみるととても短かったように感じます。

とりあえずはこの辺りで私生活に戻ってみて(以前までのクッチャネに戻るという事ではなく)、しばらく様子を見てみるという事にいたしました。それで自己管理無理ですってなったら、その時改めてどうしようか考えようかなと思っております。

 

 

・・・いや〜・・・・・

 

 

めちゃ寂しい。 

それなりにルーティーンと化していた事項が無くなってしまうことの寂しさたるや…もうあの現代の拷問器具に触ることも、あの場所に足を運ぶことも、あのニガテ種目にヒィヒィ言わされることも、もはや顔馴染みとなった方々に会うことも、そして仕事を早めに切り上げて特定の場所へ行くという特別行事もなくなる…… そう思うと、なんとも言えない喪失感…もう「思い出」となってしまったのがとても寂しい……

そうまで言うなら継続すればイージャンとも思いますが、ぶっちゃけお安いものではないので色々と不安にもなるのですよ(笑

 

休日は微動だにしないような運動音痴人間でしたが、まあやれば出来るものですね…というかこれは確実にトレーナーさんが居たからこそよなぁ、それこそ運動嫌いがジムで体鍛えるなんて一人でどうにか出来るワケないので、パーソナルタイプを選んで正解。単純に普段顔合わせない人との会話が楽しかったのもあるし。

 

社会人になってからと言うもの「おしまい」に出会う機会も減っていて、それってこんな気持ちになるもんだったのか〜としみじみ噛み締めている今日この頃です。でもコレなんか同じような感覚が身近にあるようなと思ったらゲームをクリアした時のソレと似ているな(

 

そんなわけで、しばらく卒業の余韻に浸ります。実際のところ体重も体脂肪もウエストも減ったし、逆に女子力は上がったし(たぶん)、食事内容にも気を使うし動く事を意識できるようになったしと良い事ばかりで、通って良かった!なんだかんだで楽しかった!

ありがとうございましたの気持ちでいっぱい!ウワーン!ヾ(:3ノシヾ)ノシ

f:id:log610mmm:20190509021900j:image

『名探偵ピカチュウ』観てきました

ゴールデンウィーク最終日、映画館へ「名探偵ピカチュウ」を観に行って参りましたよ!!

映画館とか久しぶり。ダンボと迷ったけどここはある種ネタの意味も含めてのポケモンです…ていうかダンボもう早朝にしかやってなくない?これは観損ねるパターンのやつ・・

 

 

で、

f:id:log610mmm:20190506214118j:image

やー面白かったです!途中からちょっと展開読めちゃった所もあったのだけど、こういうのはストーリーは二の次よねって感じ。「ポケモンが世界に存在している世界」が描かれている、というのが個人的には大事なポイントなので良いのです。息吹のある動きというか…あのキャラがリアルにいたらこんな感じ、をまさに具現化してくれていてちょっとした感動。

ちょーーーっとポケモンが誇張されすぎているというか元に忠実過ぎると言うかテクスチャー頑張りすぎてると言うか、そんな所には若干の「浮き」を感じたりもしましたけどね、まあファンタジーだからね(

 

音楽がまた、上手く言えませんが少しゲームっぽさがあってニクいなぁと思います。あとやっぱバトルシーンは熱い。

でも正直ちょっと物足りない〜〜、本作は「いわゆるポケモン映画」ではないので、ポケモンバトルはほんのちょびっと…いや、バトルはあるんです。ポケモン同士のバトルはあるんだけど「ポケモンバトルではない」というか〜〜。ゲームのポケモンのイメージで行くとコレジャナイですかね。

 

 

ピカチュウもふもふし過ぎでは?

・言うてピカチュウ可愛い

・プリンもふもふし過ぎでは?

・リアルな四白眼はこわい

エイパムこわい

ピカチュウ可愛い

・ほっぺが可愛い

・鼻がちゃんとフスフスするのが可愛い

バリヤードうざくて良い…

リザードンくそ可愛い

・ゲンガーもっと見たい

ゲッコウガもっと見たい

・舌の作り込みが異常

・どの時代もミュウツー最強

・ていうかチートレベル

・ついでにコダックも最強

・ついでにメタモンもチート

・だがそこがいい…

・結局、ピカチュウ可愛い

そんな感じ!

ご都合を感じる事もあったけどそれはそれ。人間模様も描かれていて、涙腺ゆるゆるマンはじんわり来てしまう事もぽつぽつありましたとさ。

 

 

・・・これ、元々キャラクター然としたキャラクターをリアルにしてるから若干の違和感が出るわけで、こう〜 ハントする方のモンスターとかは映画化向いてると思うんですよね〜〜〜 絶対観たいんだけどなぁ、やんないかなぁ

 

 

はーさて、これでゴールデンウィークも終わりか!土日で出来る事を連続でやった、みたいな長期休暇感のまるで無い連休だったなぁw とは言え明日は恐らく仕事にならんだろうと思うけど、厄介ごとが待っている気がしてならない… ううーん!